スタートアップ企業と弁護士

 日本の課題は、成熟した社会での起業ではないでしょうか。アメリカは、問題はあっても、起業がさかんな国です。
 社会は変わるのですから、不要になる仕事もあるでしょう。しかし、老いも若きも起業して新しい仕事が次々立ち上げられる社会でなければ、職も生み出せず活力も出ません。
 以前、アメリカの法律事務所を訪問したとき、大きな事務所がスタートアップ企業を優遇し、小規模な企業でも、きちんと法的ガードを整えさせていたのが印象的でした。そういうシステムがあれば、元気な企業が不祥事で発展の芽を摘まれることもありません。今の日本にとって、これこそ大切なことです。
author 小原 健