カルパが特効薬

 フランスの弁護士会にはカルパという仕組があります。弁護士が依頼者からお金を預かると、弁護士会管理の預金口座に入金が義務付けです。
 昨年訪れたマルセイユ弁護士会(会員数約3000人)の預り金は500億円近くでした。弁護士会は、厳格に預金を管理し、運用益は弁護士会の収入。おかげで弁護士会の運営は順調で、何よりも預り金をめぐるトラブルが絶無だというのです。
 日本でも古くからその導入を検討してきました。アルメニア弁護士会やイスラエル弁護士会でも導入間近とのこと。ぜひ実現したい制度です。
author 小原 健